リリエンベルグのおすすめのケーキは!?新百合ヶ丘の美味しいお店!

今や発展地域の仲間入りを果たした新百合ヶ丘。

町が発展すると

必然的に美味しいお店やお洒落なお店が沢山出店されていきますよね。

そんな中で、日々の疲れを癒したいと思った時

あま~いケーキやお菓子が食べたくなりませんか?

しかも、普段頑張っている自分にご褒美を♪

なんて思ったら、近所のスーパーにあるような普通のお菓子じゃなくて

たまには贅沢してとびきり美味しいデザートが食べたい

そう思ってしまいます。

私は、バスケで大量の汗を流したあと

身体に一気に糖分を取り入れたいなという時があります。

甘いものって、人間が求める栄養素のかなりの割合を占めているんですよね。

そんな頑張るあなたに是非おすすめしたいお店があります!

それが新百合ヶ丘にある

リリエンベルグ」というお店です。

私も大の甘いもの好きで

今まで色々なスウィーツを食べてきましたが

ここのお店のケーキや焼き菓子ははっきり言って一味違う!

一度食べたらもう、他のお店では物足りなくなってしまいます。

今回は私と妻が一押しのケーキをお伝え致します。

お店の概要

お店の名前の「リリエンベルグ」はドイツ語で

「百合の丘」という意味だそうです。

お客さんが「この地にあって良かった」

と思ってもらえるお店作りがしたいという創設者の思いから

1988年にオープンしました。

アクセス

小田急線 新百合ヶ丘駅から徒歩10分 バス5分

新百合ヶ丘駅の改札を出て左へ進み

正面の階段を降りるとバスロータリーがあります。

7番バス乗り場から乗車。

「山口台中央」のバス停で下車。

そのままバスの進行方向に100メートル程進んだ所にお店はあります。

山口台中央のバス停には

「ウィーン菓子工房リリエンベルグ前」と記載されるほどの影響力があります。

郵便番号:215-0021

住所:神奈川県川崎市麻生区上麻生4-18-17

電話番号:044-966-7511 FAX 044-954-0115

外観

道を進んで行くと、進行方向から左手にお店が見えてきます。

駅から離れたお店で、しかも平日にも関わらず、既に外には行列が・・・。

更には車で来店したお客さんを案内する警備員が2人。お店の人気度が伺えます。

もう少し近づいて、店の外観を見て一言。

「か・・・可愛い!!」

新百合ヶ丘は閑静な街並みが続くのですが

その一角に風貌変わった建物が一つ。

外まで香る甘い匂いと共に

まるで絵本の世界の中に居る様な不思議な空間が広がっています。

始めて訪れる人はまずこの外観からファンになってしまうと思います。

ちなみに、どれくらい人気かと言うと

誰もが知っている某グルメ漫画で主人公が

このリリエンベルグの事を

「日本一美味しいケーキ屋さん」として紹介した程です!

別の角度から♪

お休みの日

毎週火曜日、第1,3,5月曜日

その他季節によって、不定期にお休みする場合もありますので

遠方から向かう方はお電話での確認を先にしておいた方が良いと思います。

ちなみに私が来店して時にも

他県から車で来店している方がとっても多くいらっしゃいました。

駐車場

店舗の横に数台の駐車スペースはありますが、台数に限りがあります。

店舗横に7台確保されており、警備員の方が誘導して下さいます。

道路に並ぶ車も居ますが

いち早く来店したい方はお近くのパーキングに駐車する事もおすすめします。

お店のこだわり

リリエンベルグでは、ネット販売を一切していません。正直私は

「これだけ美味しいのだから全国に販売すれば良いのに・・・!」

と思いましたが、オーナーさんのこだわりで

本当に美味しいお菓子は出来立てに限る。

作り置きなどは基本的にしておらず、生の味を体感してほしい!

との事で、ネット販売は今後もする予定がないそうです。

こういった味へのこだわりも

私がこのお店の大ファンになった理由の一つでもあります。

おすすめのケーキ

いよいよ入店です。

雰囲気のある少し重たい扉を開けると

なんとも幸せな甘い香りが鼻の中から全身に流れ込んできます。

これだけでも美味しい!笑

高い天井もファンタジーな雰囲気を演出しています。

焼き菓子も豊富♪

店内は行列の割にそれほど大きくなく

ショーケースには季節の素材をふんだんに使った

色鮮やかなケーキが所狭しと並んでいます。

カウンターの内側には、多くのお客さんの来店に対応出来るように

店の大きさには多すぎるのでは!?

と思ってしまう程のスタッフさんがお出迎えしてくれます。

どのケーキもいつ頂いても本当に美味しいのですが

今回はその中でもおすすめのケーキをお伝えしていきます。

ザッハトルテ(400円+税)

ウィーンの代表低なチョコレートケーキの事で

リリエンベルグの定番ケーキの一つです。

ケーキの周りを芸術的かつ見事にチョコレートでコーティングされており

中はしっとりと柔らかいチョコレートスポンジで出来ています。

ホールでの販売もありますが

味がしっかりしているので1ピースでも十分な満足感!

コーティングに使用しているのは

チョコレートの名産地スイスのもの。

口に入れた瞬間に贅沢なチョコレートの風味がいっぱいに広がります。

ここで気付いてほしいのはその味!

他のお店のザッハトルテはチョコレートの甘みが強過ぎて

一つ食べ終わる頃には少しくどく感じてしまうんです。

なんとなく口の中が重い感じ・・・。

しかしリリエンベルグのザッハトルテは

シェフがウィーンで修業していた時のレシピを更に独自で改良をしており

これだけ濃厚なチョコレートを使っているのにも関わらず

甘みを適度に抑えて口当たりが軽く作られているんです。

更には、別売りの生クリーム(100円+税)を乗せて頂くと

お好みで甘さの調整も出来て更に味わいが豊になります。

人気の商品の為、連日売り切れは当たり前。

遠方からご来店の方は予約か、早い時間帯での到着をおすすめします。

ロールケーキ(300円+税)

二つ目のおすすめはケーキの定番ロールケーキです。

「なんだ普通じゃん。」と思ってはいけませんよ?

リリエンベルグのロールケーキは、スポンジが違うんです!

フォークを入れようとすると

まずはそのふわっふわな生地と

柔らかいのにしっかりと弾力がある事に驚きます。

口に入れると

包まれた生クリームとカスタードクリームが絶妙な甘さを演出するんですが

是非スポンジだけの部分も食べてみて下さい!

一見普通なこのスポンジが

優しく上品な甘みを引き出していて

お仕事の丁寧さを実感出来ること間違いなしです!

そんな最高のスポンジに

2種類のクリームがマッチングしている訳ですから

もう美味しくない訳がありませんよね。

しかも、この甘みもザッハトルテ同様に、全然くどくないんです!

口いっぱいに広がったその後は、わずかに余韻が残り

何個でも食べられてしまう程絶品です!

フィグ

季節のケーキからご紹介です!

贅沢にも旬のいちじくをふんだんに使ったケーキ。

生地はタルトに仕上げてあり

フィグの柔らかい甘さと、タルトのサクサクとした食感がたまらない一品です。

私はいちじくにそんなに馴染みが無かったのですが

妻の勧めで食べてみてびっくり!

いちじくってこんなに美味しかったんだ!

口に入れた瞬間にいちじくの自然な甘みと、記事の濃厚さが相まって

フルーティなのにしっかりと存在感のある仕上がりになっています!

いちじく好きはもちろん

そうでない方もきっとファンになってしまう事間違いなしです♪

ちなみに、食べるのが楽しみすぎて

このケーキは写真を撮り忘れてしまいました・・・。

次の季節が来たらまた写真も掲載しようと思います。

まとめ

まだまだ、おすすめしたいケーキも焼き菓子も沢山あります!

ですが、リリエンベルグは季節毎にバリエーションががらっと変わります!

その為今回は、おすすめする定番と、季節物1種類をご紹介しました。

もう一度言いますが、ここのケーキは一味も二味も違います!

甘いもの大好き!!という方や、たまには自分にご褒美を。という方は是非、一度御賞味下さい♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。